So-net無料ブログ作成

オードリー若林 福山雅治ではなかった!? 炎上騒動の真実とは? [芸能]

スポンサードリンク

オードリ若林といえば日本の芸能会でも有名な芸能人の一人だ。芸は多才であり、藤岡弘、や窪塚洋介、立川談志、長州小力、矢沢永吉、郷ひろみ、IKKOなどの物真似をすることができる。2008年の『R-1ぐらんぷり』では、野球のスイングを山手線で説明するというピン芸で準決勝にまで進出した。

そんな若林のラジオ番組「オードリのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)6日深夜での放送で゛下ネタ゛を言うイケメン俳優に対して「嫌いなんっすよ!ああいうの」などと批判した事で話題を呼んでいた。

これをきっかけに始めて1週間ほど”オードリー若林のtwitterは炎上してしまった、この騒動について若林本人はつい最近まで認識していなかったという。

気ずいたのはまず共演者などから「ニュースになっているよ」「大変みたいですね」などと声をかけられ、さらに、“炎上の師匠”南海キャンディーズ・山里亮太からも「相談承りますよ」とメールが来たのだ。「(自身に)何かが起きている」と気になった若林は、「若林 炎上」というワードをネットで検索をしたところ、初めてこの騒ぎの詳細を知ったという。

若林はその『下ネタをいうイケメン』を、ものまねお笑いコンビ、ダブルネームのカオルだったと実名を暴露し、「カオルさん、どうもすみませんでした」と謝罪を口にした。

カオルはものまねお笑い芸人なので俳優やアーティストとは矛盾するようだが、カオルは役者としても活動し、歌も上手いイケメンでありながら、トークライブでは下ネタを披露していたらしい。

ネットでは「いまさら言い逃れはできませんよ^^」「さすがにこれは苦しい」などと否定的な意見が目立ったが、若林本人は腑に落ちない様子であった。

一連の騒動がニュースとなった事は、若林本人の言うとおりの「今はこういう時代だから仕方ない」のかもしれない、しかし若林本人もこういった軽率な発言は控えてほしいものだ。


waka1.jpg

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。