So-net無料ブログ作成
検索選択

尾木ママ「ほとんどの学生がやな思いする」 lineの問題点とは? [ニュース]

7日「LINEの実態?」と題した記事では、「尾木ママの新たな心配」として、若者たちのコミュニケーションの急激な変化を挙げ、「困ったこと起きてないですか?」と読者に問いかけた。これに対し、子を持つ親やLINEを実際に使っている読者からはさまざまな体験談や意見が寄せられた。

同日更新されたブログ内で「沢山の体験記勉強になりました」と語った尾木ママは、「顔見知り同士 24時間結びつけられ 読了したら直ぐに返信しないといけない強迫観念」が異常なスマホ依存につながっているのではと自身の考えを述べた。翌8日、「尾木ママの決意??」と題したブログでは「実態解明 改善策追求のため 尾木ママ 明日から 始動 動きます!!」と宣言。さらに同日「ほとんどの学生がやな思いするLINE」の中では、「400人近い学生の声」として「嫌な思いしたことがない学生がほとんどいない」とLINEに苦言を呈している。

LINEは「グループトーク」という機能が存在する。この機能も非常に便利で、特定の人たちに一斉にメッセージを送信することができ、そのグループ内で様々なディスカッションを行うことが可能である。

しかしこのグループトーク機能にも問題点がある、「イジメ」などの問題点に使われる可能性があるという事だ。

例えば極端に言うと「○○を虐める会」と言うグループを作ったとして、そのグループ内ではその○○を虐めるための話し合いが行われる事になる。少々エグい話だが、このように利一可能性としてはゼロではないだろう。
ここまであからさまでは無いとしても、普通のグループでも特定の人物への誹謗中傷が行われる事は十分にあり得ることだ。

私はまだLINEを利用したイジメや悪用を見たこともないし聞いたこともないが、少なくともこのような「可能性」があることは1ユーザーとしても心に留めておきたいところである。

「学校裏サイト」の問題が数年前に問題となったことは記憶に新しい。LINEはそんな「第二の」学校裏サイトになり得る可能性を秘めていることは間違えない。

lineは便利なツールなツールだ、だが問題点もある。lineがどんな風に悪用あり使用されるかは本人しだいである。


wpid-LINE_121122114955.jpg

『いいとも』に駆けつけたモーニング娘。しかし二人しかわからんなどの意見が!? [芸能]

GW後半がスタートした5月3日。お昼の人気番組『笑っていいとも!』にモーニング娘。が現れた。事前告知もなくコーナーに突然登場したモーニング娘、そこに見られる内容は大きく2つに分かれるようなのだ。

5月3日の『笑っていいとも!』では、オープニングコーナー“脳をくすぐる 英語禁止カラオケ 脳カラ”でお題曲にモーニング娘。のヒット曲「LOVEマシーン」が選ばれた。即興で原曲の歌詞の英語(カタカナ)部分を日本語に置き換えて歌うという内容だ。

「それではモーニング娘。に歌ってもらいましょう!」と呼び込まれて登場したのが、現メンバーによるモーニング娘。だったのだ。道重さゆみと田中れいなを中心に先輩のヒット曲「LOVEマシーン」を歌詞を置き換えて、フォーメーションも組みながら歌って踊ったのである

しかし「いいともにモー娘がゲストで出てきたけど、2人しか分からんかった」、「田中と道重以外ほとんどわかんなくなった」 といった内容がtwitterが多くつぶやかれており、知らないメンバーが多いという内容が少なくない。

つんくのメンバー入れ替えってシステムは発明だと思うが入れ替え激しすぎて、せっかくお優良コンテツがかえって自滅している印象を持たせてしまった。

筆者も知っているメンバーが多く無かった、このシステムを見直してコンテツの充実して貰いたいものだ。


03a25c8fefdd5301e3add1744581e0d42a4d3494.11.2.2.2.jpg

ポンコツ芸人“ドランク鈴木”レギュラーがゼロに!?今後はいかに! [芸能]

鈴木 拓(すずき たく、1975年12月7日 - )は、日本のお笑いタレントであり、お笑いコンビドランクドラゴンのツッコミ担当。相方は塚地武雅。

ツッコミ担当だが天然ボケの部分があり、いじられキャラである。トーク番組や一部のコントでは立場が逆転し、塚地がツッコミに回っている。トーク番組では、彼のボケが話題の中心になることも多い。『エンタの神様』出演時には、鈴木が本気で間違え塚地にツッコまれるという場面もしばしばあった。

相方の塚地は映画やドラマに引っ張りダコ。如実にコンビ格差が生まれたが、鈴木は、結成当初からの約束「ギャラ折半」を守りとおしてくれる塚地に甘え、結婚、一児のパパに。芸人界の窓際族になろうとも、図太い神経で意に介さなかった。

だがネットでは、意外とそんな鈴木に対して、「ポンコツだけどおもろい♪」「最近は塚地より鈴木のほうがよく見るな。 ポンコツがいい具合に面白いし。」「自分からは何もできないが、上手い人がいじればけっこう面白いキャラ。」と好印象な意見が大半を占めていた。

 『はねトび』が終了し、地上波のレギュラーがゼロになったドランク鈴木だが、これからの彼の戦いに期待しよう。


suzuki07.jpg

秋元康 AKBに苦悩!?「akbがどうなるかわからない」 [芸能]

秋元 康(あきもと やすし、1958年5月2日 - )は、日本の放送作家、作詞家、プロデューサー、脚本家、映画監督、漫画原作者、タレント。2005年に結成された女性アイドルグループ『AKB48』とその姉妹グループ、およびそれらメンバーが所属するユニットの総合プロデューサーとしても知られている。

美空ひばりの「川の流れのように」に代表される数々の名曲の作詞家であり、政府主催のクールジャパン推進会議のメンバーであり、2020年東京五輪招致委員会の評議会委員でもある。この人ほど“時代の申し子” という言葉が似合う人はいないだろう。 

稀代のヒットメーカーなのに、気負いがない。だが当然、仕事量はすさまじい。夜な夜なほとんど寝ずに10曲作詞したり、新聞小説とテレビドラマの脚本の執筆を同時にこなして体調を崩した時は、病室で打ち合わせをしたり。普通なら「大変な努力」と感じることが、この人にとっては「好きなことをやって、ただ楽しんでいるだけ」なのだ。

そんな秋元も今のAKBの状態には万策尽き果てている様子。

その理由は峯岸みなみの丸刈り騒動である。後日、大きな“事件”となったことには「メンバーの意志を尊重することと、 世間からの見え方は誤差を生む」といい、AKBの知名度が上がったことで 「それが大きなニュースになり、さらに本人に余計な負荷がかかる」と心配した。 恐らくマスコミやスキャンダルなどで相当な事があったのだろう。

さらにCDの特典もどんどん豪華にしなくてはならない。握手権、投票権、生電話権と次はもっと豪華な特典にしなければならない。

AKB48選抜総選挙は今年はじめて「立候補制」を取るが、秋元自体は「akbは進化し、もう僕の手の届かない存在になってしまった。」などと発言しており、秋元流がもうどこまで続くのか誰にもわからない。

b3bebd9e.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。